生理前後にむくみやすい原因と対策

生理前後にむくみやすい原因と対策について

腹痛

 

生理の前後にむくんでしまうという方も多いのではないでしょうか。なぜ生理前後はむくむことが多いのかというと、まず女性ホルモンの働きが変わるからです。生理前のむくみはプロゲステロンという黄体ホルモンが多く分泌されているために起こるとされています。

 

妊娠するのに大切なホルモンで水分を蓄えようとする働きがあるため、むくみやすくなってしまうのです。また、生理の前後にイライラしてしまったり気分が上がらなかったりだるかったりする方もたくさんいますが、それらの症状が出ることを総称してPMSと呼びます。これもむくみと関係しているとされています

 

。このPMSもプロゲステロンが大きな影響を与えているため起こると考えられていて、さらにむくみをひどくしてしまうこともあります。得にむくみやすいのが顔と足なのですが、体全体がむくむという方もいます。

 

生理の前後に起こるPMSやむくみ対策に大切なのが、バランスのとれた食事です。生理前はお腹がすきやすく体重も増えてしまう時期です。かといってダイエットするのではなく、カロリーを抑えつつ栄養バランスに優れた食事を心がけるようにしましょう。野菜を中心とした食事に加え、塩分が多いもの、アルコールやカフェインの摂りすぎも気を付けましょう。

 

もしもむくんでしまったら、顔なら冷温のタオルを1つずつ用意して交互に顔に乗せる、足ならツボを押してみたりマッサージをしたりするとむくみが早く解消することもあります。