むくみやすい理由 アルコール

アルコールが原因でむくみやすい理由

女性

 

お酒を飲んだ翌日にむくむという方も多いのではないでしょうか。血管の外側にある細胞などに余分な水分が溜まってしまっているためにむくんでしまうのです。

 

むくみが起こる原因は一つではないのですが、冷えや運動不足なども大きく影響を与えています。ですが、お酒を飲んだ翌日のむくみというのは、アルコールは体内に浸透しやすいという特徴をもっています。

 

尿として排出される分もたくさんありますが、その分水分を補おうと身体は働くようになり、さらには体内にあるアルコールを早く分解させようと水分をより摂取するように指令が出ます。排出させる量よりも実際には摂取している量の方が多くなってしまうために、お酒を飲んだ次の日はむくみやすいのです。

 

アルコールを飲んだ翌日のお昼くらいには、むくみはある程度落ち着いてくるのでこれといったことをしなくても問題はありませんが、顔のむくみは冷温のタオルを各1つずつ用意して交互に顔に乗せるとむくみが早く改善されます。

 

また、アルコールが含まれているお酒というのは、味の濃いものを欲することも少なくありません。なので塩分を多く含む食事になってしまいがちなのも翌日のむくみをさらに引き起こさせる要因となってしまっているのです。

 

また体内から水分が排出されていないうちに横になってしまい余分な水分が体に均等にいきわたってしまうこと、顔や目などといった部分の細胞は比較的粗めなので水分がよけいに溜まりやすいという特徴を持っています。